LINK
外為市場としての外国為替証拠金取引(FX)のことを考えてみます。FX(外国為替証拠金取引)は二種類の金を交換しそれら通貨の差し引いた利益を得られるといったような仕組みです。このような二つの国の通貨の中で出る儲けをスワップ金利と呼んでいます。こうしたスワップ金利は、本来はスワップポイントといっているようです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)は、一日ごとにでも受け取る事が出来ますけれども、その時のレートの変動で異なるそうです。こんな風なFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利の獲得をねらいに外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードをしている方もいるようです。スワップ金利は業者によっても違う点があるのでほんの少しでも儲けが多い取引業者でやり取りしたいと思いますよね。しかし、スワップ金利(スワップポイント)は為替レートが動くことで一緒に変化するので用心しましょう。また、為替取引をするためには図表を読む力が大切になってきます。グラフを見る事で、為替トレードの動向を読む事が出来るようになるそうです。為替取引を初めてやる人が見ると、何のグラフですか?と疑問に思うのでしょうが要所を覚えておくことでグラフが理解出来るようになるとのことです。日本円が上がっているあるいは下がるだろうという風に、今が一番円安とこの図表で判別する事が出来るようになり為替取引を行う時には大いに大事なものとなるようです。ここで言う図は、日本の場合はローソク足を使っておりローソクの形の図で表現されています。このようなローソク足は、高値・安値、加えて終値と始値などを表示しておりチャート図上でいろんな形状になって行くのです。