LINK
今日は為替の市場における根本的原因とは何かについてのお話です。為替相場というものは「目の前でお金の送らないでもお金の受け渡しの意図を遂げる取引」なのです。概ね為替相場といえばおおかた外為を言い表す事が一般的です。国際為替といえば両国のマネーの取引のことを指します。外国旅行(イギリス、中国、タイ、米国)などした経験があるならば、たぶん国際為替の取引をしたことがあります。近所の銀行で旅行先の国のお金に両替をすればそれはまさに国際為替という事です。為替の市場を簡潔に説明すると、買い手と売る側の値を言ったものです。銀行と銀行の間での取引によって決まってくるものです。その銀行とはマーケットメイカーと俗にいう指定された複数の銀行であります。為替のレートは周囲の力を受けても休む暇なくいつでも変化して行きます。為替を変動させて行く引き金とはファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズが示すのは経済状況、経済の基盤とかいろいろな要因のことを表します。それぞれの国の経済成長や景気の状態、物価の変動、金融緩和、国際収支、無就業者数、重要人物の言葉など複数のことが関係して為替は変動し続けます。とりわけ外国取引の収支や失業者の割合は影響力が大きいと思います。経常収支というのは日本でいえば省庁(外務省)の委任で中央銀行(日本銀行)輸出入統計を叩き台として書いた他国との一定期間の取引を記載したものです。これは中央官庁や日本銀行のHPの中で確認することができます。就業者の統計、無臭業者数も影響を与える場合が多い理由であると言います。ことに米国就業者の統計は注目されます。毎月提示され調べる範囲がワイドな点が特徴です。為替の相場の変化は景気の動向を指しているので。経済自体の変動を調査することで為替のレートの推移の先読みが可能であると言えるのです。