LINK
外為市場であるFX(外国為替証拠金取引)のことを、詳しく見てみます。外国為替証拠金取引では、二国の金を交換し両方の通貨の差引額を得るといったやり方なのです。このように二国のお金の間で発生する差額をスワップ金利と呼びます。スワップ金利ですが本当はスワップポイントと呼ばれているみたいです。スワップポイント(スワップ金利)とは、毎日獲得する事ができますが毎日の相場の変わり方次第で異なるようです。こんな風に外国為替証拠金取引のスワップ金利の獲得が目的で、FXの為替トレードをする方々もいるようです。スワップ金利は取引業者それぞれで違うので少しでも高い取引業者を使いたい所ですよね。ただしスワップ金利は為替の相場が動くことで一緒に動いてしまうので注意しましょう。もう一つトレードをするにあたり図表を読むのが必要になるのです。こうしたチャートを見る事で為替の相場の流れを予想する出来ると言われます。外国為替取引に慣れない人が見たらいったい何の図?と難しいと感じてしまうと思いますが要点をつかんでおけば図の読み取りが可能になるらしいです。この時期から日本円が上昇傾向にあるあるいは下がるだろう等、ここが最近では円安になるとこのグラフを理解する事で判断が可能となり、為替取引をする時にはとても大事なデータとなるのです。上記のグラフは日本の場合はローソク足が使われており名前のままローソクの形に似たグラフで表現されているのです。そのようなローソク足(陰陽足)では高値・安値、加えて終値や始値を表現していてグラフ上で様々な格好になって行きます。