LINK

病院へ行ったら、薬局に行って処方箋をだしますよね。喪服 急ぎ?

薬剤師はその処方箋に沿って薬をだすわけですが、ただそれだけの仕事では済まないのです。

薬をだすだけなら、機械にだって出来るのですが、なぜその役割を人が担うのかは、患者と向き合うためです。

知りたい情報は薬剤師転職サイト 比較このサイト。

症状を診てくれるのが医師なら、薬の説明をしながら、患者の心を落ち着けてあげるのが薬剤師の仕事。

患者は、医師に聞けなかったことを、実際に飲む薬を手にもっている、薬剤師にいろいろと質問をしてしまうのです。

薬剤師にしてみれば、飲み方や薬の成分の説明はできても、病気の原因までは分からないものです。

でも「こうやって飲んでくださいね」と話をした途端に、患者の心は、医師よりも薬剤師に頼ってしまう傾向があります。

「なぜこんな薬を飲まなくてはいけないの?」と聞かれることが多く、返答に困るというツライ仕事でもあります。

落ち着いて、患者の不安な気持ちに向き合える薬剤師は、そう多くはありません。

医師のアフターケアをせざるを得ない仕事なので、薬の知識だけでなく、的確な対応ができる人が薬剤師に向いているのだと思います。